『キットカット』と『セコイヤチョコレート』(フルタ製菓)が似ていると思っていたので、確認してみた

2022年8月9日似てる商品

フルタ製菓が子供のころ好きでした、特にセコイヤチョコレートが。30円という安価でありながら(子供にはやすくないが)、ウェハース×チョコという高級?な感じが、ドはまりした理由だと思います。

しかし大人になり、財を蓄え、金にものをいわせることを覚え、キットカットばかり食べているき気がします。

童心返りセコイヤと向き合って見ます。しかし、この銀紙にピチピチフィルム懐かしい、開けにくさが更に懐かしさを生むぜ。

出た時のキットカットは今よりも大きく、アルミで非常に開けにくかったですね。それを思い出します。

重量は約20g、キットカットminiの倍ですね。
セコイヤは1枚定価30円、miniは3個入りの箱で買うと1袋33円、
ファミリーパックであれば、1枚20円程度かと思います。ダイソーであれば4本100円なので、コスパ的にはセコイヤさんパネっす。

通常のきっとカット、キットカットバーの断面と比較してみました。
セコイアはウェハースが2層ですね、食べた感じではチョコがいまいちかな。味がうすいというか駄菓子に多い味というか。

でもコスパも良く、食べがいもあるので、ありですね。

そして、この二つは大きな共通点がありますね。
これからの受験シーズンに猛プッシュしてくる。
いわゆる、成功TEAH(or成功イヤー) VS キットサクラサク 論争を生みましたね。引き分けですが。

↓ for iphone ↓                         ↑ for Android ↑