ホワイトチョコラングドシャ「白い恋人」「ブランチュール」「ラングリー」「クックダッセ」違いは?

2022年3月20日似てる商品

北海道の定番お土産、白い恋人。薄いクッキーにホワイトチョコが挟まっておりおいしいですね。ただ、市販のお菓子でも近いものもあるので、それらと比較してみました。以前ミルクチョコのラングドシャで「ブランチュール」や「ラングリー」を比較したことがあり、そのホワイトチョコ版となります。

ミルクチョコの時は当然、白い恋人は無く「ラングリー(イトウ製菓)」「クックダッセ(三立製菓)」を基本?として、「ブランチュール(ファミリーパック)」「チョコラングドシャ(セブンイレブン)」「プチ」というブルボン系を比較していました。結論としては、ブルボンの「ブランチュール」「チョコラングドシャ」はチョコが多くうまい、サクサクならクックダッセ、コスパならラングリーという結論でした。
チョコラングドシャ「ラングリー」「クックダッセ」「ブランチュール」など5種類を比較、違いは

今回はホワイトチョコラングドシャの代名詞、北海道の定番お土産「白い恋人」を交えて、比べていきます。

まずは、これですね。白い恋人。いざ比較しようと思うと関西では売っておらず、なかなか大変でした。白い恋人は石屋製菓という会社で製造、販売していますが、基本的には北海道でしか売っていないようです。最近は石屋製菓が本州の百貨店にも出しているということで、確認しましたが、近いものは置いているものの、白い恋人ずばりは売っていないようですね。たまたま寄ったショッピングモールで北海道物産展をしており、そこで入手しました。9枚入り円、900円近くしました。結構するな(公式HPでは648円税込み)

さて、開封の儀ですね。こういう感じでしたね。箱がすごいしっかりしていますね。なつかしー。

あと、ラングドシャではないかもしれませんが、これも近いかなと思って比較してみます。最近スーパーでよく見かける東ハト「バニラージュ」ですね。箱は大きいのに5枚しか入っていなですね。

そして、他のホワイトチョコラングドシャですね。「ラングリー(イトウ製菓)」「クックダッセ(三立製菓)」「ブランチュール(ファミリーパック)」「チョコラングドシャ(セブンイレブン)」となっています。いずれもスーパーで入手可能ですが、ブランチュールはドラッグストアでも結構みますね。ラングリー、クックダッセは大きなスーパーでないと置いていないこともありますね。ちなみにブランチュールはホワイトのみ単品展開しております、今回はファミリーパックのホワイトを見ていきます。

↓ for iphone ↓                         ↑ for Android ↑

あと、細かいことを言いますとラングリーはホワイトチョコでなくバニラクリームとなっています。いわれてみれば色が少しついていますね。ラングリーは3枚で個包装、写真は2包装6枚入りで100円程度で販売されていますね。前のチョコの際は4包装12枚入りを比較しました。

それぞれ開封してみました。それぞれに特徴があってよさげですね。

包装を解いてみましたが、驚いたのが白い恋人のチョコが溶けていました。もともと薄い板チョコのようなものが挟まっていると思いますが、溶けてつぶれていますね。パッケージを見ると18度くらいで保管と書いているので夏場はきつかったようですね。
そのほかは、やはりミルクチョコの時と同様でブルボン系(ブランチュール/セブン)は薄焼きに板チョコ、クックダッセは薄焼きにクリーム、ラングリーはぶ厚めクッキーにクリームですね。バニラージュは全粒粉のようなクッキーにバニラクリームがしっかり挟まっている感じですね。

食べた印象としては、白い恋人はちょっと違いますね。チョコがおいしいのはもちろんですが、クッキーがなんというか癖になる甘さバターの味ももちろんしますが、ココナッツか何かが入っているような独特の甘さがおいしいですね。原材料を見ると入ってはいないのですが、なんでしょう、この癖になる甘さは。あと中のホワイトチョコも多めで1枚でもかなりの満足感を得られますね。まぁ、4枚一気に食べましたけど。ブランチュール/セブンも近い味ではありますね、クッキーが甘く、チョコがしっかり入っているという感じです。クックダッセはクッキーがシンプルな味付けですが、チョコが少ないのでちょっと白い恋人からは離れる感じですね。ラングリーまで行くとモサモサしていて遠いかなという感じですね。

白い恋人のチョコが溶けていましたが、よく見ると夏場には向いていない感じですね。そりゃ北海道土産ですから。残りを冷蔵庫に入れてから食べましたが、「美味ぁ~」冷やしたほうがうまいわ。これが一番ですね。

白い恋人は1枚当たり70円程度と価格はほかのものよりも高いですね。しかし、オンリーワンな満足感があります。最初は割高な印象もありましたが、いざ食べると納得の価格ですね。悔やまれるとすれば、北海道の涼しいところでベストな状態で購入すべきでしたね。今回調べてわかりましたが、本州の石屋製菓直営店でも売っていないことが驚きですね。北海道でしか買えないということでしょう(私が買った物産展は送料が乗っていたんでしょう)

まとめると以下の通りですね。
・白い恋人が一番うまい、高いけど満足度も高い。
・溶けやすいので夏場は冷やして食べるべし
・買えないときはブランチュールかセブンのホワイトチョコラングドシャで対応しよう。

ちなみに白い恋人以外の内容量や価格、カロリーなどは以下を参照ください。ミルクチョコの方ですが表にしています。
チョコラングドシャ「ラングリー」「クックダッセ」「ブランチュール」など5種類を比較、違いは

↓ for iphone ↓                         ↑ for Android ↑