【小学生閲覧禁止!?】『糸引き飴』(耕生のフルーツ引き)の当たりの数は、大きさの違いを確認してみた

2022年2月8日つぶやき など

題名に【小学生閲覧禁止】と付けましたが、このサイトは「大人のための市販菓子考察」であり、子供が見る前提ではありませんが、この商品については、小学生の射幸心を煽ることと、見たくもない現実を突きつけることになるので、小学生が見ない方がいいかなというのが、個人的な感想です。
 通称『糸引き飴』、駄菓子屋さんの定番ですね。縁日(露天・出店)でも同じようなのを見たことがありますね。スーパーやコンビ二に無い、THE駄菓子って感じですね。紐を引くと様々な大きさの飴をゲットできる子供の射幸心を煽る素敵なお菓子ですね。このお菓子も小さくなった、というのがネットなどで書かれていますね。いわゆるステルス値下げは好ましくありませんが、このようなガチ駄菓子は、お子さんが買ってナンボなので、仕方ないかなとおもっています。

これは某日本一の駄菓子売り場で購入しました。お菓子問屋なんかでも売っていますね。30個/袋×2袋入っていますね。紙の箱に紙紐、すごいレトロで萌えますね。

開封しました。こんな感じなんですね。お店でもこの一束が瓶なんかに入れて売られていますね。湿度対策で砂糖がガッツリ入っていますね。子供が好きそうな要素山盛りですね。