濃堅「ポテコ」「ビーノ」「あみじゃが」は定番と違う?本当に堅いの?コスパは?

2022年5月15日定番 と 派生商品

ポケットサイズで濃堅タイプが売られていますね。大人むけなのか、お酒のツマミなのか、位置づけはやや謎なのもの、3種類を揃えたので、比較していきたいと思います。いずれも定番ですが、それぞれ有名ながら、それほど共通項はないですね。東ハトなら、なげわは?キャラメルコーンは?という感じですね。

これらが濃堅と比較される、東ハトの銘菓たちですね。

そして、それらの濃堅パックですね。こちらは吊り下げタイプですね。大きなスーパーではよく見かけますが、コンビニでもおつまみ的に置いていそうですね。シリーズなんでしょうか、デザインは統一されていますね。

開け方は2種類あるようで、立てて食べたり、後ろから開くこともできるようです。

では、ご開帳ですね。

普通のビーノと比べると、見た目にはミニチュア版という感じですね。ベビースターラーメンのような感じです。

ビーノは濃堅はかなり違いますね。なんていうんでしょう、ビーノをぎゅっと圧縮して味も凝縮されたような味ですね。しっかりエンドウ豆の風味がしながらも、味が濃くコショウのようなスパイスが後を引きますね。太めのベビースターラーメンを食べているようなボリボリ感もあっておいしいですね。ビーノオリジナルのサクフワ感はなくなっていますが、ガツンと来る硬さと刺激的な味は魅力ですね。

原材料は極端に違うものは入っていないですね、濃堅でも味がしっかり再現されているのはこのためでしょうか。

ポテコはもともと硬めのためか、ビーノほどの差はなく2割増しの硬さという印象でしょうか。濃堅は外径が小さく、マカロニのような形状なので、それもあって、実際どこまで生地が硬くなっているのか、よくわからないところですね。味はちょっと濃いめで後味が唐辛子?のような・・・。原材料に香辛料抽出物とあるので、そのためでしょうか。

色目はちょっと濃堅の方がちょっと濃いめに見えますね。

あまりピントがあっていませんが、濃方の方がいろいろ入っているので、あじは濃いのかなと思われますね。

そしてあみじゃが・・・。小さいだけで同じに見えますね。

うーん同じように感じますね。少なくともビーノのような違いはなく、もともと堅いということもあって、ただ、小さくなっただけのような感じますね。原材料もはことなるようですが、正直味も固さも同じように思いますね。多少はちがうんでしょうか、実感できない感じですね。

製品名内容量(g)カロリー(Kcal)備考
ビーノ オリジナル70431
 濃堅45200小さく、濃く、堅く
ポテコ オリジナル78425
 濃堅45247形状がちょっと違う、やや濃く、堅く?
あみじゃが オリジナル60323
 濃堅45241形状も似ている、濃い?堅い?

価格はなかなかむつかしいですが、すべて100円少々とすると、濃堅はすべて同じ内容量ですね。うーん比較しづらい。

こんな感じすね、ビーノのクオリティーが濃さを表しているように思いますね。あみじゃがはやぱりね・・・。

結論としては以下の通りですね。
・濃堅とあるが、オリジナルと比較して硬いのはビーノ濃堅
・ポテコもそれほど、あみジャガは・・・?

ビーノは価値があるんじゃないでしょうか


↓ for iphone ↓                         ↑ for Android ↑