ダイソーにあった、割れ「ポテロング」はどのくらいお得?確実に量は多いのであれば即買うべし

定番 と 派生商品

ポテロングってどういう位置づけでしょうか、古くは国民的アニメで紹介され、今はサービスエリアなんかで売っているイメージです。運転中に食べやすいのでしょうね。そのお得版がなんとダイソーにありました。

これは定番のポテロングです。スーパーやドラッグなら100円少々、サービスエリアで150円くらいで販売しているイメージですね。

そしてこれがダイソーで購入したポテロング「お得!」というダイレクトな名前です。製造時のポッキンしたやつをパッキングしたということです。通常の方も一定数折れている気がしますが・・・、と思う人もいるでしょうが。いいんだよ、細けぇことはと、割りきってみていきましょう。パッケージにすべて情報は書いています。「製造時に折れた長さ不揃いのポテロングです。味も品質もまったく同じ」と確認が不要とばかりにデカデカと書いてくれています。「通常の箱が45gでそれよりも多い75gと明記」していますので消費者の「ほんとに同じなの?」「量的に得なの?」という疑問を全て解消してくれています。ちなみに、これは難波の大きめのダイソーで見つけました。それ以外は見たこと無いなぁ。

当然ですが、原材料は同じですね。天下の森永様が同じものといっているので当然ですが。

では、ご開帳です。

全部出してみました。定番の方もそれなりに折れてはいますね。ただし短いものはあるが、長いものもある。袋の方は長いものは全くないという感じですね。

定番は公称45gに対して47gです。

こちらは75gに対して75.5gです。

折れていないと1本約12cmのようですね。ちょっとアングルが悪く解りづらいですが。

定番と袋(ダイソー)とならべました。当然食べてみても差はありませんね。強いて言うならばネズミのやウサギののように長いものをポリポリと食べることができないというのがデメリットですかね。いずれにしもてダイソーの方は定番よりも重量では1。5倍以上です。で特売でない限り価格は安いので、あれば即買いですね。

結論としては以下の通りです。
・パッケージの通り同じものがお安い
あれば必ず買うべし