【柿の種チョコ・100円】柿の種チョコ「ブルボン」「でん六」「トップバリュー」「アジカル(亀田系)」など9種類を比較、違いは?

2022年5月19日似てる商品

柿の種はおなじみですが、チョコがけが数年前から流行っていますね。あの「亀田製菓」が期間限定で販売したり、百貨店などで、高級な柿の種チョコも多く出ているようです。それらもおいしいのでしょうが、普通にいつで買える100円程度の柿の種チョコが気になっていたので比較してみます。

ちなみに私はお酒を飲まないのですが、柿の種は時々食べます。亀田製菓が梅味などフレーバー付きで販売しているので、それらを間食としてつまむ感じですね。柿の種とピーナッツの割合なんかが話題になることがありますが、個人的にはこだわりはありません。
https://www.kamedaseika.co.jp/cs/?p=item.brandIndex&brandId=1
柿の種チョコの位置づけですが、私は日常的にチョコスナックなどを購入しますが、「チョコしみ込んだ系」や「チョコボール」が多いので、ややピリ辛かつチョコのある柿の種チョコを変化球で買うという感じですね。
【2021年版】『チョコボール』代わり?ポリッピーチョコ×3種、でっかいパック、大玉は代わりとなるか比較
【2021年度版】コンビ二のチョコがしみこんだ系の違いは?どれがオトク?セブン、ファミマ、ローソンを比較

しかし、最近はコンビニのPB菓子やおつまみコーナーでも見ることがないので、いろいろ回って買い集めてみました。どこに売っているのかを考えてみると、コンビニ3大チェーン(セブン、ファミマ、ローソン)のお菓子売り場では売っていませんね。おつまみコーナーに「でん六」のEサイズがあったくらいですね。スーパーではEAON系の「トップバリュ」で買えました。他にも大き目のスーパーに行くとおつまみコーナーにちょこちょこあったりしますね。あとダイソーではでん六の大きい方が売っていますね。無印も過去あったようですが3店舗見ても無かったですね。あと変わり種として、「フルタ製菓」から砕いた柿の種が入っているものも販売してますね。こちらもドラッグストアなんかでよく見ますが、今回は比較対象外としています。こんなんですね。
http://www.furuta.co.jp/products/choco2.html

では、5種類のパッケージを確認します。左から「ブルボン」「でん六(大)」「寺沢製菓」「トップバリュ(フクイ製)」下は「でん六(Eサイズ)」基本はシンプル・・・。まぁ、そりゃそうですよね。柿の種にチョコをかけているわけですから。言わずもがな、柿の種が醤油、七味ベースの香ばし辛さに、チョコの甘さがマッチするというのが魅力と思いますので。特徴としては、「ブルボン」はアーモンドが入っていますね。その他はまぁ、似たような・・・。「ブルボン」は「コク深いミルクチョコレート」と書いていますね。「寺沢製菓」は「カリッと食感」「程好い甘さとしょっぱさがうあまうま!!」だそうです。こうして見ると基本はおつまみなんでしょうね。大体100円程度、ブルボンのみ150円くらいだったと思いますね。

ちなみにこの2つは「でん六」製です。「Let’s Try!はまったらゴメンナサイ!」!と書いてあります。大きい方がダイソーやその他百均で見かけますね。小さい方はコンビニで購入しています。

原材料は大きな違いはなさそうですね。それでは開封していきます。