ミニビットのアソート、チロルのバラエティパック、どちらを買えばいいのか?使い分けは?

2022年3月6日似てる商品

どちらもブロック状の小さいチョコですね。味もバラエティに富み、定番のお菓子かと思います。そのファミリーパックをよく見ますので、比較してみたいと思います。

これがチロルチョコの方ですね。27個入って300円程度ですね。消費税を考えると、全うな価格ですね。味は7種類。定番のコーヒーヌガーなど7種類ですね。

そして、こちらがミニビットですね。こちらも300円程度で販売されていますね。最近はミニでないビット自体はあまり見かけせんね。発売された時は大きなチロルチョコという感じで衝撃をうけました。発売当時は一つ30円でした。こちらは一回りちいさいミニサイズの詰め合わせですね。

さて、まずは重量ですね。包装込みといえども、ほぼ同じですね。見た目にはチロルチョコの方が少ないんですが、結構重みありますもんね。

そして、御開帳ですね。まぁ、中身はこの通りというか、傾向としてはミニビットはチョコ+アルファって感じですね。チロルは定番のコーヒーヌガーやビスケット、ミルクはもちろん、ナッツ系。クッキー&クリームやイチゴゼリーもあってバラエティ豊かですね。

こうしてみるとなかなかきれいですね。

味はそれぞれ違いますし、優越をつけれません。チョコはいずれもちょっと子供向けのミルク感がある感じですね。それぞれの味はもう、みなさんのイメージそのままですね、基本は別商品なのと、個人的には似ていると思いますが、一般的にはどうなんでしょうね。チロルチョコの方が数も多く、バラエティ豊か。なんというか選べる楽しさはありますね。ただ一粒一粒の食べ応えはミニビットですね。

結論としては
・チロル、ミニビットともに内容量は同じくらい。
・チョコベースならミニビット、バラエティならチロル。
・価格、量も差はないので、お好きな方を。

↓ for iphone ↓                         ↑ for Android ↑