チョコポップコーンの違いは?スーパーで買えるものから、ロイズやサンクゼールまで。チョコがけならロイズかガーナだが、それぞれ個性が際立っていた。

2022年12月30日似てる商品

ポップコーンといえば、映画館で食べる塩味やキャラメルが定番かと思いますが、最近はユニバーサルスタジオなんかで食べるもんでしょうか。スーパーはもちろん、ネットでも買えて、種類も増えてきたように思います。今回はスーパーコンビニでお手軽に買えるチョコ味のポップコーンを見ていこうと思います。

ポップコーンチョコと言えば、まずはこれですね。ロイズのポップコーンチョコレート。チョコがけのポップコーンを初めて食べたのはこれかも。ポテトチップチョコ程ではないですけど、なかなかの衝撃でしたね。
ロイズに似たポテトチップチョコ。じゃがチョコ、チップスターチョコなど4種、コスパは?
ロイズのポテトクランチチョコに似たポテトチョコレート(名糖製菓)の違いは?コスパはいい?

これは比較的入手しやすいマイクのポップコーンですね。ジャパンフリトレーという会社で様々なフレーバーを出しており、スーパーやドラッグでも大体置いています。この味は2.3年前から見かけますね。マイクのポップコーンは食物繊維PR多いですね。健康に配慮したためでしょうが。食物繊維が多いポップコーンを使用しているのかは謎ですが、これは形がバタフライ型というやつですね(身が弾けたやつですね、最近は丸いマッシュルーム型をよく見かけます)

見ての通り、チョコ味というものの、チョコをコーティングしているという感じではなく、シロップで味をつけているかんじでしょうか。原材料もチョコ、ココアパウダー、インスタントコーヒーといろいろ工夫がされています。

そしてこれはロッテのガーナチョコのタイプですね。期間限定で毎年冬の時期に見かける気がします。

こちらはがっつりチョコがコーティングされていますね。また、下にキャラメルもコートされているようです。

そしてアマゾンやヨドバシドットコムで見かけるのがこのアンソニーズのチョコポップコーンですね。アンソニーズというのは、製造している旭製菓のブランドなのか、それともパテントを取っているのか。あと、サンクゼールにもありますが、よく似ているなぁと思っています。

と、思って説明文をみるとほぼ同じ内容になっていますね。

どうやら製造はともに旭製菓です。原材料やカロリーなどもグラム当たりでみればほぼ同じです。この旭製菓のポップコーンは3コインズにも置いているという情報もありますね。旭製菓自体はかりんとう製造がメインのようですが、ポップコーンなどのOEMなども請け負っているようですね。今回はサンクゼールではなく、旭製菓オリジナルの方で比較していきます。

製品名製造内容量(g)カロリー(Kcal)参考価格(円)備考
ポップコーンオリジナルロイズ130g702kcal594円税込
マイクポップコーン チョコ味ジャパンフリトレー40g202kcal150円程度
ガーナポップコーンロッテ55g300kcal180円程度キャラメルコート
アンソニーズポップコーン旭製菓45g228kcal220円
サンクゼール チョコポップコーン旭製菓65g330kcal421円

表にするとこのようになります。価格的には意外と差はないですね。こうしてみるとロイズは良心的な価格とも思えますね。サンクゼールは旭製菓のアンソニーズと同じと考えると少し割高ですね。今回の比較は旭製菓のアンソニーズに頑張ってもらいましょう。

では、開封の儀を執り行います。

↓ for iphone ↓                         ↑ for Android ↑

それぞれ一袋ぶんですね。マイクはあふれるくらいありました。チョコがコーティングされていない分軽いというがかさがありますね。

それぞれみると、ロッテはがっつりチョココーティングされております。もうチョコで埋まっているという感じです。ロイズもそこそこ。旭製菓(アンソニーズ)はチョココーティングというか光沢のある感じで水飴を絡めたようなかんじですね。形はやはりマイク以外はマッシュルーム型ですね。ともあれ実食です。

ロイズは甘めですね。チョコの下に砂糖のようなジャリッと感があります。原材料の一番にシュガーミックスとあるので、糖分は多めなんでしょうね。チョコはちょっとビターな感じで、大人向けです。マイクのような一般的なポップコーンと比較すると甘めでちょっと食べ過ぎると重たい感じですね。ポップコーン自体が少し硬めなこともあるかもしれません(たまたまかもですが、破裂していない硬いのが多かったですね)ロイズと言えば、ポテトチョコですが、あちらほどのオンリーワン感はないですね。

マイクはチョコというよりはココアでした。コーヒーのような感じもしますが。原材料にもインスタントコーヒーが入っていますしね。表面にコーティングというよりは、少し味がするという感じです。ポップコーン自体に適度な弾力があって、コーティングされていない分、少しの塩味とバター感を感じられます。映画を見ながらパクパクイケる軽い食感ですね。

ガーナもジャリッと感はありますが、こちらはキャラメルがチョコの下にコーティングされているからですね。チョコの後にキャラメルの風味がしてきます。チョコは「ガーナ」を名乗っているだけあって、まろやかで万人受けする感じです。ただ、結構あまいです。ポップコーン自体はロイズより軽い気がします。

アンソニーも甘いですが、なんというか水あめのような甘さですね。チョコの風味はあまりなく、キャラメルコートされたやつのチョコ版という感じです。アーモンドは最後の方にほのかに感じるというくらいですかね。ほのかではありますが、確かにアクセントになっており、ちょっと特別感というか贅沢感はありますね。そう考えるとこのクオリティーでこのお値段はすごいですね。ポップコーン自体の固さは標準的と思います。

改めて食べてみると、それぞれ用途が違う感じですね。

結論としては以下の通りです。
・チョコを楽しむならロイズ(ビター)ガーナ(マイルド)
キャラメル的な食感が好きなら旭製菓(サンクゼール)、映画を見ながらならマイク

・それぞれ用途に応じて食べ分ければいい感じ。

ポップコーンは他にも以下のようにいろいろ比較しています。
特別なポップコーンの違いは?ヒルバレー、ポップコーンパパ、ジェリーズの違いは?【キャラメル味】

チョコポップコーンの違いは?スーパーで買えるものから、ロイズやサンクゼールまで。チョコがけならロイズかガーナだが、それぞれ個性が際立っていた。

昔の甘いポップコーン(ポリコーン・ジャンボコーン・蜜がけコーン)はポップコーン?コンビニではミニストップだけ。無印は?