「ミルファス」などのチョコウェハースを比較セブンのチョコミルフィーユとの違いは?

2022年1月30日似てる商品

今回はチョコクリームのウェハースではなく、チョコがかかっているものですね。定番としてはブルボンのミルファスがありますが、それ以外にも似たようなものがセブンにあったり、他にも見かけるので、比較していきたいと思います。

なお、キットカットもウェハースにチョコをかけているといえますが、あれはまた別に考えています。チョコが本体というか、キットカットはキットカットなんで。
イオンにあるキットカットに似たお菓子(チョコウエハース)はおいしいのか

ちなみにウェハースは薄い生地にクリームを挟んだものなので、子供向けの白(薄い黄色)のものが一般的ですかね。広義にはビックリマンチョコやザッキーなんかもチョコウェハースで通用するかと思いますが、今回はその辺は対象外ですね。というわけで一番の上画像にある者たちが対象になります。ミルファスはそれほど有名ではありませんが、ブルボンではラシュクーレ、レザンヌなどと並び少し高めのお菓子って感じですね。

これらの中でも我らがブルボンは当然大きなシェアを占めていそうですね。これら3種がそうですね。

ミルフィーユショコラはアルフォート程ではありませんが、そこそこ見るお菓子ですね。ファミリーパックのみかな?実売280円前後ってとこでしょうか。

ミルファスですね。最近、パッケージが変わりましたね。300円弱ですかね。どこでも置いているわけではなく、大き目のスーパーでもあればラッキーくらいですね。大体、森永のビスケットなど、似た寸法の箱の並びに置いていることがありますね。しかし、ラシュクーレはあるけど、これは無かったりとそういう感じですね。アーモンドクリームが使われております。贅沢ミルフィーユということですね。

そしてセブンの「サクサク食感のチョコミルフィーユ」ですね。税込み289円ですね。箱や形状はミルファスに似ていますね。価格も同等です。ただし、こちらはアーモンドクリームは使用していないということですね。

箱などからセブンとミルファスが似ていますが、原材料などを見ると、セブンはミルフィーユショコラと同じもののようですね。1個当たりの重さはセブン20g、ミルフィーユショコラ10gですが、原材料はすべて同じで、カロリーや成分も同じ比率となっています。意外にもこの2種はサイズ違いの同製品と見て、差し支えないようですね。

ミルファスは成分も原材料も異なりますね、アーモンドを使用し、少しカロリーも低そうですね。

そして成城石井で購入したブリリアントタイムチョコウェハースですね、これも高めのスーパーで見かけますね。平塚製菓です。

そして、100均で購入したチョコスティック、エヌエスインターナショナルがマレーシアから輸入していますね。サンディや業務スーパーでも見たような気がします。

さて、ご開帳ですね。中身はこんな感じですね。一つ言いたいことがあるとすれば、ミルファスとチョコミルフィーユ、もう少し頑張れるのでは?という感じですね。こういうのはプラスチックトレーに入っていることが多いのですが、これは生地が詰まっている商品なんで、そこまで割れるとかないんでしょうね。でも、ガサガサゆるゆるです。箱を小さくしないと逆に割れるようなきがします。

というかチョコミルフィーユを2個ミルファスに入れるとシンデレラフィットですよ、8個入るやん。開けてこれなら嬉しいんだけどなぁ。そして今気づきましたらミルファスのフタに説明がありましたミルフィユ+ウェハース=「ミルファス」だそうです。え?ミルハースになるんでは・・・。

と、まぁ、それは置いといて、袋から出してみました。見た目にはミルファスはカカオ多めのビターチョコですね。チョコミルフィーユとミルフィーユショコラはよく似ていますね。いずれもクリームが3層入っていますね。オーソドックスなクリームとパイという感じで、おいしいですね。味は全く同じと思われますね。ミルファスは違う感じですね。アーモンドペーストクリームでしっかりとアーモンドの味がしますね。パイにもアーモンドが入っているような気がします。ビターチョコを使用しており甘さ控えめですね。好みが分かれる味ですが、大人にはこちらの方がおいしいのかな?よく言うコーヒーにスゴイ合う!という味だと思います。

あと、ブルボン以外の2種をご開帳ですね。ブリリアントタイムは16包入りですね。100均のチョコスティックは8枚入りですね、これはプラスチックトレー入りですが、側面に出っ張りがありますね。衝撃防止なのか、一体・・・。

ブリリアントタイムは薄いので割れていましたね。これは1個の厚みはあまりないですからね。しかし、ミルフィーユ層は一枚一枚がしっかりしていて、サクサク感は圧倒的で結構おいしいですね。チョコスティックは可もなく不可もなくという感じで、やや駄菓子っぽいともいえますが、なんというか海外製ですが日本人の舌にも馴染む感じで不通においしいですね。

こうしてみるとどれもおいしそうですが、やはりミルファスやチョコミルフィーユのように大きいやつは食べ応えもあってうれしいですね。1個100Kcalですが・・・。

1個重量入り数総重量価格備考
ミルフィーユショコラ10g11個110g280円セブンと一緒、ミルクチョコ
ミスファス18.5g6個111g300円アーモンド、ビターチョコ
セブンイレブン
(チョコミルフィーユ)
20g6個120g289円ミルフィーユショコラと一緒
ブリリアントタイム10g16個160g300円ミルクチョコ、サクサク感がいい
チョコスティック10g8個80g100円普通においしい

表にまとめると上記のようになりますね。高そうに見えた(成城石井で買ったから)ブリリアントタイムが以外とお得。

結論としては以下の通りですね。
・コスパと味のバランスはブリリアントタイム
・大人向け、コーヒーにはミルファス
・外れないようにならセブンですかね。