【2021年度版】『ドンタコス』『ドリトス』コンビ二の似ているトルティーヤ・チップス6種の違いを比較してみた。

2022年9月17日似てる商品,定番 と 派生商品

湖池屋の『ドンタコス』、定番ですね。昔は陽気でメキシカンなCMを流していたので、あのフレーズが残っている人も多いのかと思います。同時期にポリンキーなんかもCMがリズミカルでともに流行っていましたね。どちらも一定の知名度はあるものの、最近はCMを見た記憶はないですね。今の若い人は知らないじゃないかな?最近湖池屋はポテト系に力を入れているので、その辺りも関係しているかもしれませんね。業績も好調の様で、メディアでも時々見ますね。正直昔はカルビ―には及ばないという印象がありましたが、最近は様々な試みをしていますね。ニューノーマルのおやつとして、軽食となる第4の食事を提案しているようです。
https://koikeya.co.jp/news/detail/1162.html
(湖池屋プレスリリース 朝・昼・夜に変わる“第4の食”湖池屋発 『ニューノーマルおやつ』「ハッシュドポテト」・「ポテトと料理」誕生)

そういうのもあってか、ドンタコスはコンビニではあまり見ませんね。スーパーやドラッグストアなどある程度大きいお店で販売している印象です。今回調べてわかりましたが、ドンタコス系のチップスはPBや輸入品も多く販売されているので、なかなか販路を確保するのはむつかしいところなんでしょうね。あと、前から気になっていたのが、ドンタコスと似ているジャパンフリトレーの『ドリトス』ですね。これもまぁまぁ、定番のようで、どちらかがスーパーに置いているという感じでしたね。パッケージの印象や製品の形も似ているので、両方置くにはお菓子の種類が多すぎるんでしょうね。とりあえずはこの2種類を基本に考えて行きたいとおもいます。

しかし、フリトレーは結構、こういうパターン多い気がします。「チートス」と「スコーン」もこういう関係な気がしますね。

「スコーン(湖池屋)」と「チートス(フリトレー)」はBBQ味、チーズ味とあるが、違いはあるのか。

会社展開
ドンタコス湖池屋チリタコス・やきとうもろこしローソンBPのみ?
ドリトスジャパンフリトレーメキシカンタコス・ナチョチーズ・マイルドソルトドリトスは無し、類似製品は多数

こういう商品は、『トルティーヤ・チップス』というものらしいですね。Wikipedia先生によると、もともとトウモロコシの粉や小麦粉で作られるシート状のパンで、そこに色んなものを乗せて食べており(タコス)、シート自体をカットして、焼いたり揚げて食べているものを『トルティーヤ・チップス』というようですね。メキシコなど南米のイメージでしたが、チップス自体はアメリカは発祥のようです。トルティーヤ工場の不良品を持って帰り、チップスにしたものをパーティで出したら、好評だったとか。お菓子ってそういうエピソード多いな、まぁ、そんなもんかもしれませんが。

と、前置きが長くなりましたが、比較してみます。

『ドンタコス』『ローソンPB(ドンタコス)』『ドリトス』PBでは『ミニストップ(タコス味)』『ローソン100(チリタコスアジ)』『デイリーヤマザキ(タコス味)』を購入しました。