『つぶグミ プレミアム』の「濃厚ぶどう」「濃厚桃」は通常の『つぶグミ』と比較して濃厚か。

2022年2月6日定番 と 派生商品

『つぶグミ プレミアム』気になっていました。つぶグミ自体は時々購入しますが、正直、セールでコスパがよいことや、量が多いことが購入の動機でした。味自体は薄く、ケミカルな味が少し苦手ではありました。しかし、プレミアムはパッケージの高級感と『濃厚』『果汁2段仕込み製法』というフレーズに惹かれて購入しました。ブログで、つぶグミを扱いことが多くあり造詣が増えたのもありますが。

↓ for iphone ↓                         ↑ for Android ↑

味は『濃厚ぶどう』『濃厚桃』ですね。
ちなみに過去は『つぶグミ』は『ポイフル』と比較すると、果物の味が弱く、少しケミカルな印象があります。いろいろ調べた結果、『つぶグミ』はフルーツの場合、味は5種類あっても、グミ自体はほぼ同じで、糖衣で味の違いを出していることがわかりました。ポイフルは逆にグミ自体にそれぞれの味が付いており、しっかり果物の味がすることがわかりました。
『タピオカポイフル』に挑戦する時に一緒に『つぶグミタピオカ』もやってみた。食感はグミだが、見た目はキレイ、つぶグミは・・・
大粒ポイフル(パウチタイプ)が定番(箱タイプ)と違いを確認、そのあと『つぶグミ』とも大きさを比べてみた
『つぶグミのもと』は本当に『つぶグミ』の中身なのか検証してみた。

開けてみましょう、まずは『濃厚ぶどう』ですね、味は「巨峰」「赤ぶどう」「マスカット」ですね。定番にも「グレープ」「マスカット」があるので、比較します。プレミアムは開けた瞬間濃厚な匂いがしますね。そして巨峰と赤ぶどうはえげつない色をしていますね。マスカットはそれほど差はない色味ですね。食べた印象では、確かに濃厚です。かなり味が濃いですね。つぶグミ自体は外側に味が付いているためか、ジャリっという食感にややケミカルな味を感じましたが、濃厚ぶどうは果汁のような強烈なぶどうの味を感じます。

濃厚桃も開封してみました。なかなかの色をしており、匂いもちゃんとしますね。果汁感も強めですね。ただ、全体的に濃厚さはぶどうほどではありませんが、満足できる感じですね。

あとは、それぞれをぬるま湯に漬けて、違いを見ました。糖衣を剥がして中身のグミの違いを見るためですね。通常のつぶグミはぶどう以外は同じ色(味?)で、糖衣で味つけをしてると思われますが、プレミアムはしっかりそれぞれ、色がついており、味も異なるとおもわれます。とくに巨峰と赤ぶどうはえげつねぇいろです。プレミアムの白桃もグミ自体に色がついているようですね。果汁二段仕込み製法とあるので、グミと外側と両方という意味でしょうか。

いずれにしても、しっかり味が付いており、ケミカルとは言わせない香りと果汁感がすごいですね。コスパが気にならなければ満足できる味とおもいます。

↓ for iphone ↓                         ↑ for Android ↑