ストローの代わりになるお菓子?食べれるストロー?ピコラ、ルーベラ、バームロール、うまい棒などで検証

2021年10月8日つぶやき など

最近は環境に関する話題をよく耳にしますね。サステナブル、SDGs、4R、いずれも大切ですが、概念でなく、いかにに実施していくかが大事と思いますけどね。最近はレジ袋が有料化したり、ストローやスプーンが良くないと言われていますね。いずれ紙や木製が増えていくのかと思いますが。そういう難しい話は置いておいて、あのブルボンが食べれるストローを開発しましたね。
https://www.asahi.com/articles/ASNB35FHXNB2UOHB00C.html
まだ業務用のみでの販売ですが、よい試みと思いますね。名称は「コロネクッキー」といって、ルーベラのような生地をピコラ状にした感じ?というか、わかるかなぁ?あとネットで見るとヨックモックがシガールで食べれるストローを自店のカフェで提供していたり、スタバにもあったようですね。環境もありますが、ビジネスチャンスというのもあるんでしょうね。コストの問題もありなかなかむつかしそうですが、1本100円くらいならば個人的には買います。

とりあえず、ストローの代わりなればいいなぁ、レベルでいろんなお菓子を買ってみました。円筒状で長ければなんでもいいという感じですね。食べれるストローを開発した、ブルボンのルーベラは誰ではまずは思い浮かぶかなと思います。その勢いでバームロールも試してみようと思います。あのスポンジ感がジュースを吸い込みそうなのと、チョココーティンがどのような結果をもらたすか、期待と不安が錯綜します。あとやっぱりヤマサキナビスコの「ピコラ」ですね、外側はクレープですが、中はチョコなので、ある程度形状を維持できる気もします。よくパフェなんかにも使われていますからね。あと先日調べた、似たお菓子のクレープロールチョコも試してみようと思います。コストや入手方法を考えると20本100円でどこでも購入できるクレープロールには期待ですね。
「ピコラ」と最近よく見る、量が多そうな「ローソン」のクレープロールの違いはあるのか

あと、どうなんだろう?もしかしたらイケるかも?と思って購入した「うまい棒」「チョコ棒」「かるえだまめ(かるじゃがの枝豆味)」もやってみます。うまい棒は絶対味が変わりますが、入手し易さ、コスパでは期待したいですね。チョコ棒も安いのと、チョココーティングがどこまで有効かですね。かるえだまめはノーマークだったんですが、パッケージを見て、ストローっっぽいと思ってトライ。絶対短いですが。
【2021年版】買うべき『うまい棒』5選。うまいだけじゃない。穴なし・令和新味・最古参・味2度漬け、など、付加価値で選択
チョコ棒スナックを6種、コンビニPB3社とトップバリュー、うまい棒チョコ味を比較してみた。
【チョコ棒徳用版】『徳用チョコ』という詰め合わせはオトクなのか。『ピーナッツチョコ棒』も一緒に比較してみた。

ストローの問題はタピオカブームの時に容器やストローが消費されたことも関係していると思うんですね。ストローはドリンクはもちろん、タピオカを吸えるのかということも重要かと思いますので、近所でタピオカを買ってきました。容器のサイズやタピオカの大きさも一般的なタイプだと思います、はい。

では、まず、これらを試してみようと思います、出してみて思いましたが、うーん、どれも短い。蓋からブッさすことを考えるとかなりキツイですね。特にバームロールなんて、絶対吸えません。

あと穴の内側を確認してみます、思ったよりも大きくないですね。見た目にもタピオカを吸えるとは思えないですね。

まずは、ルーベラからいってみます。予想通り、短い、短すぎる。それでも頑張って飲んでみました。ドリンクは吸えますが、ちょっと強めにすう必要がありますね。ルーベラの生地は細かい穴があいているかと思いますので、それが悪さをしている感じがします。強く吸う必要はあるものの、飲むことは可能です。ただし、ルーベラの生地は孔が多いためか、すぐにドリンクが浸み込んで、ヘタってしましますね。あと、タピオカは吸えませんね。無理やり吸うとルーベラが柔らかくなっている分、裂けていきそうな気がします。

次にバームロールですね。これも短い、絶対短い。飲んでみましたが、短くて太いので、少し飲むと一気に口に入るという感じで、間合いが取りにくいですね。ある程度チョコレートでコーティングされているので吸うことは可能ですが、ストローとしてはかなりアンバランスですね。タピオカは吸えるかなと思いましたが、すぐに引っかかりました。あとドリンクをよく吸収するのかこれもヘタってくる感じですね。

クレープチョコ(ローソンPB)ですね、長さは足らないものの、中身がチョコのおかげがドリンクは吸えますね、タピオカは厳しいですが。あと外側がふやけますかね。

そして本命のピコラですね。長さはいい感じですね。そして中身がチョコでコーティグされているおかげか、ドリンクはちゃんと吸えますね。表面がふやけてくる感じはありますが、チョコ効果なのか、形状は維持できそうですね。タピオカを吸うにはやっぱり細いようですが。

これが使用後の状態ですね、クレープロールはふにゃってますね。タピオカが詰まって破壊しています。ルーベラもくたびれていますね。

あと、穴があいているという理由だけで、購入した3種類です。

まずはうまい棒ですね。めっちゃ浮きますね。そして口にフレイバーの味が付きます。そして空気が漏れるから吸いづらく、「ッズズズズズ~」という音がしますね。

チョコ棒ですね。チョコがコーティングされているので、うまい棒よりは吸いやすいですが、短いので吸いずらいですね。あとチョコ棒はその側はコーティングですが、中まではチョコは及んでいませんので、耐久性は無さそうですね。
【チョコ棒徳用版】『徳用チョコ』という詰め合わせはオトクなのか。『ピーナッツチョコ棒』も一緒に比較してみた。

そして、かるえだまめですね。形がストロー状なので、期待していましたが、開けてみると端が潰れている状態で穴がふさがっていました。ただでさえ短いのに、両端を折って穴を出そうとすると、更に短くなる始末。吸えないことはないですが、耐久性はなさそうですね。

とりあえず、最有力のピコラという感じですね。それ以外は長さが足らない、味が変わる、強度が無いという欠点が目立ちますね。というわけでピコラの耐久性も見たいので、5分間浸けてみました。

結論としては形状は維持できていました。しかし、外側のクレープがふやけて見た目が良くないのと、これがそれが浮いたりすると、やっぱり気持ち悪いですね。

結果を以下のようにまとめてみました。

長さジュースタピオカ耐水性味が移らないか
ピコラ×
クレープロール××
ルーベラ×××
バームロール×××
うまい棒××××
チョコ棒××
かるえだまめ××××

いろいろ試してわかりましたが、やはりストローの代わりとなると、ある程度の長さ、強度・耐水性、ドリンクの味に影響しない(影響が少ない)というのが大事なんですよね。タピオカ飲めるかは置いといて・・・。ピコラは1分でジュースを飲みという条件であれば、イケそうですが、やはりカケラがドリンクに浮くというリスクと、ふやけたピコラを食べたいかといわれるとうーんですね。それらを考慮すると現時点ではストローになるお菓子はなさそうですね。つまりは早く一般発売をしてほしいですね。ブルボンさん